nasaのSF BayArea生活を綴ってます。

by nasastyle
 
カテゴリ:Photography( 24 )
 
Rasadon Project Part2
ハイ。また1週間のブランク・・・。

えーっと、勝手に名付けました。「Rasadon Project」です。前回のエントリーに書いたように、Arrested DevelopmentのメンバーRasadonからの依頼によってポートレート写真を撮っていますが、今回はその続編としてアメリカ人のAlexという女の子を撮ってきました。彼女は私が現在カレッジでとっている陶芸のクラスのクラスメイトで、前からかわいいな〜と思っていたところ、ちょうどこのRasadon Projectにもってこいのモデルかなと思い、スカウトしました。(笑)

Alexはちょっとラテン系なんですかね。待ち合わせ場所に現れたときは化粧してなかったんですが、写真撮りの直前に化粧をしたらそりゃあもう映える派手目のお顔。しかも若いから(若干18歳)お肌もピチピチ!なかなかの逸材なんじゃなかろうかとドキドキしました〜。(笑)

モデルは初体験という彼女。やはり初めは動きや表情が固いのは分かりましたが、だんだん慣れてきて良い表情を見せてくれるようになり、そのうち私もびっくりどきどきするようなセクシーな表情をしてくれたときには思わずうなってしまったくらいです。とにかく楽しかった!

なんていうんですかね、プロの男性カメラマンがきれいな女性を撮りたいと思う気持ちが良く分かった気がします。(笑)女性の私でも、どうせ撮るなら美しい人がいいなって思いますもの。美人をいかにしてより美しく見せるか。チャレンジでこれまた楽しそう。またその逆もしかり・・・。とにかく私がポートレート写真を撮る上で、「モデルさんのベストを捉えたい。瞬間の美しさを撮りたい」という気持ちで望んでいるので、それが少しでも表現できたならば、私としてはサイコーの出来なんじゃないかなと思います。

e0067632_332719.jpg
e0067632_47537.jpg
e0067632_4153020.jpg


実はこのフォトセッション、以前写真のクラスをとったことがあるというAlexの彼も同行していて、彼女の写真を撮ったり、私が彼女を撮っているところを撮ったりしていました。彼としても”ドキュメンタリー”のような写真を撮りたかったらしく、3人で1つのちょっとしたプロジェクトのような形で撮影してました。
e0067632_4273574.jpg


彼が撮った写真はまだ一切見ていないので、どんな自分が写っているのか楽しみではあるものの、私、写真を撮るときの格好ってえらい醜い格好で撮っていると思われるので、ちょっと心配・・・。(笑)

さて、今回の写真は全部で500枚くらい撮りました。これまたアホみたいな数ですけど、実はこの3分の1くらいはミスショットなんです。オートフォーカスにしていたものの、自分がフォーカスしたいと思うところにちゃんとフォーカスしてくれなかったんですね。後半はマニュアルフォーカスにして部分的にフォーカスしたので、まだまともなのが撮れているんですが、こういうのは非常に残念でなりません。せっかく良い表情、良いポーズをしてくれているのに顔がボケてると、もう目も当てられない。もったいない・・・。

前回のフォトシューティングの後にRasadonからロゴのない服を着るようにとアドバイスをもらっていたにもかかわらず、すっかりそれをAlexに伝え忘れてしまったために、上の写真でも分かるように、思いっきり大きなロゴ入りの服を着てたものですから、こういうのはRasadonに対して見せることが出来ない訳です。つまりは使えない・・・と。

ということで、500枚撮った中から使えそうなものは25枚にも満たなかった・・・・。うぅぅ、ちょっと厳しい状態。でも私自身のプロジェクトとしてはかなり良い手応えだったし、自分のPortfolioの写真にはバッチリのものも多かったです。ただ、今回の「Rasadon Project」には使えない写真が多かったというだけなんですけど。

それでも、Rasadonの反応はかなり良くて、彼の興奮度が伝わってくるようなメールが返ってきました。その文章の中に、「I LOVE YOUR EYE.」と。要は、私の写真のスタイルが彼の好みにマッチしたってことなんでしょうけど。。。うれしいですね。

今回のモデルAlexですが、もし今後また彼女を撮るチャンスがあったとき、そのときは女性らしいちょっとセクシーなドレスを着せて撮りたいな〜と思いました。すごく大人びた表情をみて、「絶対的にドレスだ!」と、ピンと着てしまった訳です。今回の服は彼女の自前のものを用意してくれたんですが、とっても彼女らしく若くて元気でちょっとボーイッシュなイメージであり、きっと彼女、自分では女性らしいドレスは似合わないって思っていると思います。私もそういうのありますから。でも次回は冒険してみたいな〜と思います。でも、Alexも私もそんなドレス持ってないし買えない・・・。

そんなことをRasadonに話したら、彼の方から服を送ってくれるとのことで、男性用の服とか、下着とか?!も送ってくれるらしい。・・・ということは、それなりのモデルが必要だと。(笑)それにしたって、し、し、下着ぃぃぃぃぃ!!!そんなことになったらアタシは興奮し過ぎて撮れません。(爆笑)


e0067632_4455216.jpg
▲これが本来のAlex。

[PR]
by nasastyle | 2006-07-15 01:00 | Photography
 
フォトグラファーとして
1週間ぶりの更新になってしまいました。この間もいろいろありまして・・・。

最近の私は、どうも「フォトグラファー」としてスポットライトが当たりつつあるようです。これは全く持って予想もしなかったこと。とにかく日々驚きの連続。とてもとても自分が「フォトグラファー」としてやっていこうなんて思っていなかったのに、なぜかそういう流れになってしまっているよう。「ならば・・・」ということで、自分としてもその流れに乗っていこうかなというところでもあります。ただ、物事がものすごいスピードで予期せぬ方向に向かっているので、自分でもついていけていない感もナキニシモアラズ・・・。

実は、マイスペース上で、自分の写真についてかなりの賛辞をいただいているんです。どうも自分的には、前回のラジオDJ、Antoineの作品の出来が一人歩きをしているようにしか思えない。でも、この写真のおかげで「いくらチャージするのか」という問い合わせも何件かもらっていう状況であり、実際そのうち1件は本当に実現することとなり、本当は今日、そのフォトシューティングを予定していたんですが、先方の都合で延期となりました。ま、これについてはそのうちまた紹介したいと思っています。

で、実はまだ驚くべきことがあります。

およそ1週間前、(音楽に通じていない人には分からないかもしれませんが)Hip Hop/R&bグループのArrested Developmentのメンバーでの1人である、ドラマー兼ヴォーカリストRasadonから突然のメールをもらいました。元々、Arrested Developmentのマイスペースページを通じてRasadonのページを知り、”お友達”として加えてもらった後に私が彼のページでコメントして・・・という経緯があり、ちょうどそのころ私の誕生日だったので、彼の方からおめでとうのメッセージをもらっていたということで、Rasadonとは多少の繋がりがありました。が、それからはほとんどメッセージのやり取りなどなかったので、今回のRasadonからのメールはちょっとびっくり。しかもその内容がまたすごい・・・。

Rasadonは元々”アーティスト”としての活動があり、グループの中でもCDのアートワークや、グラフィックデザインに関する一切を彼が担当しています。その傍ら、自分でもアート、ファッションにも力を注いでいて、「D O N A L DC O L L E C T I O 」という、まあいわゆるファッションブランドだと思うんですけど、こういうこともしているとのことです。

で、今回貰ったメールの内容としては、「このD O N A L DC O L L E C T I Oの広告用に使えるような写真を撮って送ってほしい」とのことだったんです。まさか!?って感じですよね。そりゃあもうびっくりしましたが、せっかく彼の方から「あなたの(写真の)スタイルが好きだから」と言って依頼してくれたのだし、自分としてもチャンス、チャレンジにもなるので、迷わずやらせてもらうことにしました。ただ、メールや電話でいろいろ話をしていく中で、何だかとてつもない大きなプロジェクトなんじゃないか・・・ということに気づいたんです。まだ写真を本格的にやり始めて間もない私に、果たして本当に勤まるのか、彼の期待に応えられるのか、非常に不安になってしまったんですね。そういったこともふまえ、正直な心境を伝えたところ、「とにかくアーティストスピリットを持って、自分らしく、できることをやってみよう。」というアドバイスと勇気づけられるお言葉をいただき、とにかくチャレンジすることにしました。

そして昨日、私の専属モデル(?)である”彼”にモデルとしての協力をいただき、フォトシューティングをしてきました。およそ3時間で約400枚の写真撮り・・・。クレイジー!!!(笑)
この写真撮りに関しては、モデルの着用する服選びやアクセサリーや帽子などの小物などのチョイスから始まったわけですが(と言っても、彼の持っている服からチョイスしただけ。笑)、その時点でかなりワクワクしてました。実際現場での撮影も結構楽しかったし、自分としても良い経験になったと思います。

家に戻って撮った写真全てをチェックし、使えそうなものをピックアップ。必要なフォトレタッチを終えてみると、とりあえず50枚弱になりました。まあこんなもんですかね。”数うちゃ当たる”ってやつですけど、選択肢が大いにこしたことはないですからね。フォトレタッチはさすがに大変でしたけど、それなりに良いイメージが出来上がったのではないかと思いました。

今日の夜、早速その写真をRasadonに見せたところ、なんといくつか使える写真があったと回答!きゃ〜〜〜〜〜〜!!!いや、実はそんなに自信はなかったんですよ。もしかしたら全滅もありえた訳ですから。とにかくうれしかったですね。うれしくてすぐにモデルの”彼”に電話しました。(笑)

実は来週、このプロジェクト用にもう1人写真撮りすることになっています。今度は女の子。しかもアメリカ人。陶芸のクラスメイトをスカウトしました。(笑)今回の写真を見せたあとにもらったフィードバックとして、いくつかアドバイスをもらっているので、その点に注意しながら楽しんで写真撮りしようと思っています。

ま、そんなわけで、また話が長くなりましたが(笑)、最近の私はそんなことをしていましたという報告でした。最後に1枚だけ写真を公開しましょう。
[モデル本人からもっと写真を載せろ!ということだったので(笑)、2枚ほど追加します。(7/9)]

e0067632_167132.jpg

e0067632_1465796.jpg
e0067632_14715100.jpg


SPECIAL THANKS: TAKUYA

P.S.
Photo blogの方も更新してますので、ぜひご覧あれ♪
[PR]
by nasastyle | 2006-07-08 23:13 | Photography
 
セルフポートレート
最近、セルフポートレートというものに挑戦しています。正直、写真を撮るのはすごく好きなんだけれども、撮られるのは好きじゃない。どうもうまく表情が作れないし、元々写真写りが良くないから。(笑)なのになぜ自分の写真なんかを撮るか・・・それにはやはり理由があるわけです・・・。

これまたマイスペースの話ですが、マイスペースではプロフィール用の写真をアップロードして、その中の好きな1枚をアイコンのような形で使います。人のページに行ってコメントを残しても、メッセージを送っても、掲示板に投稿しても、何をするにもその選択された写真が表示されます。いわゆる自分の名刺代わり。

自分がマイスペースを始めた頃は、やはりちょっと自分の写真をそのまま載せることに対して抵抗があり、写真をいじってイラスト化してそのまんまの自分は出さないようにしていました。今でもその抵抗感はあるんですけど・・・。

ところが、最近写真の方で割とお褒めのお言葉をいただくことが多く、気づいたら自分の本業であるデザインよりも写真作品の方が一人歩きしているような感じで、少しずつ「写真撮ってくれ」という依頼が来るようになりました。そこで、自分としてもフォトグラファーとしての自分をプッシュすべく、カメラを持っている自分の写真をプロフィールアイコンにしたくて、セルフポートレートを撮り始めたわけです。

1枚の写真だけでは面白くないので、いくつかの写真をアニメーション化して4コマgifにし、これをプロフィールアイコンにしました。そしたらですね、これが案外評判が良くて、「クリエイティブだ!」というようなメッセージを貰ったり、コメントをもらったりしたんですね。私としては「あら、そう?!?」って感じで・・・。(笑)さらにうれしいことに、フォトグラファーからのフレンドリクエストが来るようになりました。これはうれしい。ちょうどフォトグラファーさんとのネットワークづくりをしたいなというところでしたもので。そしてさらにさらにうれしいことが!!!

それは、私がものすごく大好きで尊敬してやまない、元ラッパー兼DJ兼フォトグラファー兼ウェブデベロッパーであるD-Niceからコメントをもらうことが出来たんですね〜。この人、元ラッパーとしてメジャーで活躍していたということもあってか、セレブとの繋がりが広くて、普段からスゴイ人達を撮っているみたいなんですが、やはりマイスペース内でもものすごい人気があって、毎日盛りだくさんのコメントをもらっています。が、滅多に人のページでコメントしたりしないようだったので、自分がコメントもらえたときのその喜びは天にも昇る思い。(笑)

D-NICEのプロフィール写真はもちろんセフルポートレートなんですが、この撮り方がすごくうまくて、どうやったらこんな写真を撮ることが出来るんだろうかと思いつつ勉強させてもらっています。そしていつも新しい写真が投稿される度に、その写真に対してコメントしてたり、彼のページにてコメント残したりもしていたところ、自分のプロフィール写真を変えた直後に、彼が私のページでコメントを残してくれたという訳です。それはやはり「写真」という共通の物をやっていることが私のプロフィール写真から見て取れて、興味を持ってくれたんでしょう。

これを機に、プロフィール写真って重要なんだな〜と思い始めました。自分をアピールするための1つの手段でもあるんだなと。

ということで、最近セルフポートレート。これが結構難しい。結局全部自分でやらなきゃいけない訳ですよ。人に頼んだら意味がない。それはセルフポートレートとは言わないから。
1回目は、カメラを持って鏡に映して撮ってみたんですが、2回目は三脚を使いました。カメラをセットして、一応ピントも合わせておく。リモコンがないのでセルフタイマーをセットし、シャッターを押して所定の位置に立ってポーズをとって・・・。この一連の繰り返し。これね、家で1人でやってるから良いようなものですが、他で誰か見てたら笑えますよ。想像してみてくださいよ。この一連の作業。あはは、自分でも笑える。

ま、そんな訳で、フォトグラファーとして誰もが1度はやるセフルポートレート。私も少しずつ挑戦して良い写真を撮りたいなと思っています。ということで最後に、現在私がマイスペースで使っているプロフィール写真を公開しましょう。鏡に映してるから「PENTAX」が反転してる。笑
e0067632_934049.jpg

[PR]
by nasastyle | 2006-07-01 17:48 | Photography
 
Fish Eye Lens
今日から「Photography」のカテゴリを追加しました。

さてさて、このところす〜〜っかりハマり込んでいる写真なんですが、この数ヶ月でかなりレンズが増えてしまいました。元々持っていたレンズに加え、eBayで中古を買ったりそれ以外で新品を買ったり、今では全部で8本になりました。これは私の持っているフィルムカメラとデジタルカメラのどちらでも使えるので決して無駄ではありません。ちなみにそのラインナップはこちらで見れるので、気になる方はチェックしてみてください。

で、最近手に入れたのはフィッシュアイレンズ。いわゆる魚眼レンズです。私はペンタックスユーザーなので、このレンズもペンタックス純正のレンズ、DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED[IF]でございます。
ではどんな写真が撮れるかというと・・・

e0067632_179024.jpg

こういう写真が撮れます。そう、歪みが特徴のレンズですね。
このレンズ、相当面白いですよ。一応広角ズームなので、とにかく幅広い画角で撮れる。なおかつ、物体にものすごい近寄れる!2cmくらいまで寄れるんじゃないかな。
ではここでちょっとサンプル写真を・・・
e0067632_17115411.jpg
寄りに寄ってこんなものも撮れるし・・・・

e0067632_17125497.jpg
こんな風に建物を撮るとその歪みが楽しめるし・・・

e0067632_1714662.jpg
こういうのもありかなと・・・


まあとにかくですね、まだまだ手に入れたばかりなので、これからいろいろ試してみたいと思います。人間も撮ってみたいですね。というか、実は夫で試したんですが、おもしろおかしすぎてここにはとても載せられないです。笑

というわけで、そんなに多くはアップしてませんが、こちらのフォトブログもお楽しみくださいませ♪
[PR]
by nasastyle | 2006-06-23 01:25 | Photography


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
MY LINKS
フォロー中のブログ
ライフログ
以前の記事
最新のトラックバック
レイシック
from 目が良くなると、人生が変わるよ
635:060321 パ..
from shiology
レーシック手術で視力が回..
from 視力回復のレーシック
レーシック手術で視力が回..
from 視力回復のレーシック
コンビニで目薬即購!
from 健康ダイエット
2006年最大の話題作パ..
from パイレーツ・オブ・カリビアン..
LASIK-03・視力回..
from オペラ座の暇人
Motown Winte..
from Dice(ダイス)劇場
SuperBowl Go..
from Dice(ダイス)劇場
アレサフランクリンが出る!
from たねちのつぶやき
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
EXTERNAL LINKS
hit tracker